写遊百珍

大阪国際メディア図書館「写真表現大学」研究ゼミ生&TA。各種講座のレポや、関西・東京の写真展、アート展示を特集。

【diary】H29.12月年末_忘年会する×2発

【diary】H29.12月年末_忘年会する×2発

3ガ日は終わったけれども。 

資本が乗り込んできたら終わりなんだ、関連グッズを大量に生ませて、本体はその分痩せ細って、もう何も産めなくなってしぬんだ。やめてミクが。ミクがしんじゃう。ああっ資本きさまなんてことを。いやあっ。夢だ。はあはあ。初音ミクがカサカサになって死んでいく夢を見ました。夢じゃないか。おのれ資本の仕業か!ゆるさん! 忘年会に行きました。

 

 

忘年したこと自体を忘れてしまうのでログをとります。

 

 

◆H29.12/29 大学の写真部OB忘年会

大阪には梅田の両脇に天満と福島という2大聖地が存在し、ある程度の年齢になるといつしか梅田を避けて飲むようになります。梅田はよい都市ですが残念ながら飲み食いをする街ではありません、コスパが悪く、飲んでも食べても面白くなく、ごめん梅田。君のことが嫌いで言ってんじゃない。

 

忘年する人々。これからこの人数で仕事や異性や人生について語りが勃興するかと思うと寒気がしたのでとっとと逃げました。人生って何ですかね。この1年半ぐらい奈良原一高とウォーカー・エヴァンズについて研究してきましたが、彼らと全く結び付かない映像世界に行ったので、結局のところ幼少期のファミコンと魚・昆虫図鑑が私の人生なのだと観念しました。人生って何だ。福島はいいところですね。

 

今回の店は魚China yo(うおちゃいな よう)という国籍不明の店です。

 

なぜか「今日は速く酔おう」と決意していたので速く酔います。後で後悔します。公開が先立つことはありません。照明が暗かったのでひどく鮮度のない写真になりました。自分の記憶を虐待しているかのような写真です。がんばれ私。店のために弁明するとこれらの刺身類は味も歯ごたえもしっかりしており、おいしかったです。

 

写真部OBで集まったのは4人と、歴代最少会でした。皆いい歳なので、世界を変えたいとか、地元を改革したいとか、「俺、市長になるわ」とか、そういう話は微塵もありませんでした。「おまえの行ってる歯医者は資金繰りやばいことで有名」「まじっすかー↑↑↑うぇうぇ~☆」「自費すすめてくるで」「あー↑↑↑セラミック1本4万×2っすわ~↓↓↓ ウェーイ↓↓↓ (/ _ \)」 概ねそんな感じで湿ってました。神様、虫歯のない世界をください。

 

 

Bib兄さんは島へ釣りに行き、まつださんは臨床と学会を奔走し、ふくたさんは子供のストライダーに付き合い、ナカバー兄さんは異国の地で子守と観光でひいひい言っているとのことです。人生を見ました。万華鏡のようです。

「隣の芝生は青い」理論が働いており、みんないいなあ、人生だなあと目を潤ませましたが、東松照明を5冊も6冊も積み上げてユーロビート聴きながらテキーラ呷りつつブログ書いてるという生活がそもそも結構どうかしています。評議会の池坊議長のようなタフな人間になりたい。写真は海老です、非常においしかった。

 

 

私は釣りはしないのですが、Bib兄さんの話を聞いていると、離島×釣り×魚で毎週末が埋めつくされている勢いです。私は魚を見るのも食うのも撮るのもめちゃくちゃ好きで、離島が好きで、南方がしぬほど好きですから、伊豆諸島の利島村(としまむら)は激熱だなあとしびれました。最小限の人間しかいない世界は理想的です。そういう意味では、都会は人数は多いけれど固有名詞が不在なので廃れた離島と似たようなもので気楽です。末期症状かな。

週末に学校に通うようになってからは、完全にアウトドア成分がライフスタイルから解除され、その分がBib兄さんのルーティンに憑依した感じです。奇妙なバランスがあります。しびれるぜ。 

 

歯もしびれそうでした。水がしみる。

これは、かえる。

1人6,100円でした。それに見合う味だったように思います。

 

www.foodrink.co.jp

 

アウエアー。

日頃飲みなれない白ワインを威勢よく飲んだ反動がここで来ます。アルコールは静かな死神です。陽気な友人を装っているけど背後からばっさり斬りかかってきます。商社マン電通マンになれなくてよかった(※就活で門前払いされた)。真水をなめるような職場が最適です。私はB級観葉植物で良い・・・ 観葉って言うけどあんたのどこを見たらいいのか分からんわと嘲笑される程度の観葉植物で良いのです・・・ だんだん自我が魔界に堕ちていきます。ウェイ↑↑↑

 

 <2次会>

 

FUKUSHIMA の聖天通商店街は「売れても占い商店街」と銘打ち、占いが盛んなようです。

 

www.uretemouranai.com

 

うへー。 

うへー。

占いは基本的に超短時間コンサルティングであり相談受付業です。特にこちらが未来に対してタスクやスケジュール感を握っている場合には、最早相談することが特にないので、活用の機会がありません。よほど有能な占い師の場合は唐突に呼び止められて「「娘」だ。うむ・・・・・・君が探している人物は自分の「娘」だ」などと有難迷惑な託宣を語り出すのでしょうが、残念なことにそれ系の能力は微塵もない。

 

視界がぶれており、かなり「まずいな」という実感がありつつも2軒目です。押しや流れに弱い性格です。ほんと商社マン電通マンでなくてよかった。「おまえなど採らんわ」そうですかはいすいませんね。

 

 

「日本酒酒場 立ち呑み 仁」

www.foodrink.co.jp

 

これは良かったです、高ポテンシャル店です。自分のところでオリジナルの地酒を造っているなど、相当なやり込み系の店です。しかし残念ながら私のキャパシティは完全に乙でした。水をもらって1、2杯すすったのが最期です。あとは笑いながらしんでました。しぬことが許されるのは民間人だからです。商社や電通は兵士なので許されません、職業選択は大事ですね。

 

本当に洒落にならずしんだので、意識がなく、意識を取り戻すために店の外へ出ました。 10分ちょっとの間でしたが宇宙を感じました。宇宙だったのでしょう。ああ。FUKUSHIMAが俺の意思を溶かす・・・長尾謙一郎は最高です、一コマ一コマが宇宙の空隙を伝えます。あっあっあっ。夢を見ました、街が鋼鉄の蟹で埋め尽くされる夢です、血の匂い、いや鉄の匂いだ、オスもメスも性差もないのに繁殖できるという鋼鉄ガニ・・・群体・・・。 

 

深海魚のフォルムに似ています。誉め言葉ですよ。本音を言うと中判デジタルが欲しいのです。しかし富士フイルムの中判ミラーレス「GFX 50S」、あれは持ちやすい、されどヨドバシで本体80万円ぐらいという怪物価格である、当面はEOS 5D Mark Ⅲが壊れるまで使い倒す他はありません。中判がほしい。

 

 

私としたことが亜生物ではなく本物の人間を撮っていました。お酒のせいです。これはお酒の勢いで。しかも白黒で・・・。誇りを捨てたんでしょうか。これはちがうんです、お酒のせいです、酒の勢い。見えない何かに釈明をしました。

 

 

 

現代を写すには、現代に最大限にフィットした最新技術の機材と媒体を用いるか、現代の争点を踏まえたテーマで切り出しにかかるか、意図による主題の取捨選択をあえて捨てて客観的記録に徹するか、いやそれでも叶うだろうか。「今」だけを切り出して生きたまま保存することは果たして可能でしょうか。フレーミングの一瞬で褪せて、他の無数の「過去」と同化してしまわないか。どうのこうのと言うていたら、お姉さんがコンビニ前の街路樹で無音でビチャビチャと嘔吐しており、「ああそうだ、店に戻ろう」と我に返りました。

店ではガチの常連に見えるけどまだ来店歴2度目という正体不明の親爺さんが、面識もない我々に延々と笑いを提供しようとし、とりあえず笑っていると酔いが回って危険水域再びでした。

 

 何者だったんだ。

 

 

 食通の最も喜ぶところが出てきていますが、残念ながらハシをつける気にならなんだ。すまねえ親方。

 

この夜はこれで〆です。

私が危うくなったので自己判断で早退。帰りの電車でスマホを何度も落としながら、気付くとシャワーを浴びていました。帰巣本能に感謝します。

 

 --------------------------------------------------------

◆H29.12/30 「After5」忘年会

「After5とは何の集まりなのか」を説明するのがあまりに面倒すぎて「大学時代の知り合いの集まり」という説明になっていない説明を多用してきた結果、もう30代も後半戦になってしまいました。あと私は部員ではない。簡潔に言えばDJプレイや電子音楽作成のサークルでした。応援団を襲撃する手前ぐらいの姿を何度か目撃したものですが、幸いにも逮捕者はいませんでした。

 

After5宴ではC-ormo氏の宅に集合がなされ、川沿いを歩きました。梅田で気の利いたものを買おうとしたら、梅田なら気の利いたものを買えるはずだと思っている人達が気の利いたものを売る店で行列をなしており、くじけました。新潟県アンテナショップ「じょんのび にいがた」が助けになります。

 

jn-shokurakuen.com

 

よし地酒2刀流だから大丈夫だ、と思ったら皆が酒を持ち込んできていたのでOD状態でした。後に遅れてyukinotoki氏も来訪しましたが彼女の酒火力が相当に高く、人類は灰になりました。C-ormo夫妻はそんなにパカパカ酒を飲む人種ではないので不安がありましたが、案の定帰り際に3本もらいました。わあい。

 

bolta氏は謎の自家製で、ゆず皮を漬けた品を持参。この路線を斜め上に強化して電気ブラン風味のスズメバチ酒やヒアリ酒、マムシ酒などぜひ魔改造してほしいです。

 

C-ormo夫妻の家はリフォーム後ということもあってか綺麗で広くて変なものが多数ちりばめられていてファンタジーでした。リアル小動物や動物を象ったものが多くて楽しかった。

 

 イェァ。

 

 

ウッ??_?

筆者が一目で惚れた映像。なななななバグいアニメ卍” 狂った背景、狂った配色で、遠近法だよと言ってるけどペラッペラな平面のハリボテ、それで淡々とストーリーをやっている、なんだこのアニメは卍卍卍 肝を撃ち抜かれ、初恋の感すよ、おれもうだめですよ。これ何ていうんですか。アドベンチャータイム。はい。

 

バグっていたのはこの回だけだったようで、あとは普通でした。

 

www.youtube.com

 

 ( ´ - ` ) 残念。

それでも狂気は香っている。CNやるなあ。 

 

 

bolta氏の私服がすごいというか何処で入手したのか分からなかった。妙なつるふわ感触、手触りの奇妙さといい国籍といい、詳細が不明すぎる。本当は上下セットとのこと。教団ですやんね。黒もあるとのこと。教団ですやん。

 

 

 

ワーイ飯だ。美味しんぼ包丁無宿タイムです。 

「一定のペースを守っている限り酔いつぶれることはない」という酩酊限界線を見出したので、ここからずっと旭若松と三芳菊と新潟の地酒2品を適度に回して酔いを切らさないようにしていきます。成功しました。ただし完全にアル(中)コースです。旭若松は日本酒というよりギザギザのかえしのついたダガー三芳菊は斜に構えた若く初々しい頃の椎名林檎といった妙味で、前者はとくに19度もあるのですぐ心身がずたずたになりうます。

 

 

小泉編集局長やサイコパス寿司職人の話題に花が咲く中、料理の続編が生まれます。ありがとうございました。私は調理が出来ません。食べることしかできない。

 この日は初めてセビチェを食べました。チェ♪

 

 

物体があります。ヤバい寄生虫の類かと思うぐらいビジュアルがよろしくないのですが、正体はフォーです。しかし全然透明さがなく、憎たらしいぐらい白いです。それにこの膨らみ方・・・

 

 

フォーの存在感。これフォーなのか?? 不気味な質量だ。わりと食べた後も鍋にかなり残っていて不気味でした。しっかりと白いのは「1時間ほど水に浸してもどす」の処理工程に手違いがあったせいか??と推測されましたが、検証するすべもなく、レンジで加熱しても特に事態は変わらず。 

 

 

 Bib兄さん持ち込みのホウボウが、人類を恨めしそうに見ています。半ばあきらめの境地かな。合掌。直視すればするほど甲殻類に負けじ劣らずの硬質なフォルムが気に入り、光を浴びせました。白目をむいているのが実におしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォー。 

 

サイコパス寿司職人というのは、たがわ靖之「満点握り月太郎」に登場する主人公の肩書きで、満月の夜しか本領発揮できない寿司職人というわけのわからん世界観のあれです。満月で本領発揮しても、やることは「満月握り」という、両手を胴から頭の上までぐるぐる回しながら寿司を握るという、握力の制御を投げ捨てたような技です。それに、円弧を描いて握ることのエセ物理蘊蓄が一切なく、なぜその技が凄いのかが全く不明です。昭和のロストテクノロジーなのでしょうか。

名称は違えど同様のモーションをとる握りの技は、たがわ作品では「鉄火の巻平」など、初期からお馴染みの定番ネタとなっています。

 

 

サイコパス寿司職人て知ってる? チュー。

しらんよな ( ´ - ` ) ごめんて。

 

 

 

バーチャルユーチューバーなのじゃ~~~

ぐはっwww

不覚にも知らなかった。世知辛いのじゃ~~。

誰でも美少女として配信できる時代になりましたね。体感的には実況界にゆっくりが広まったのと近い気もしたが、こちらはモーションキャプチャリップシンクを活用した動画だけあってインパクトが段違い。

実年齢何歳の人が中身をやっているか、一人で演じ、語り、モーション等々これだけのことをやっているのかどうか、全然まだ見えてきませんが手間は掛かっていると思います。しかしインパクトがあります。これなら40歳手前の独身男性がウニャウニャ悶えていても別段不都合がありません。変化球だけで勝負できそうな期待感があります。その分、市場が飽和したら腐臭がヤバそうです。 

動画界は希望のブルーオーシャンが隠されていますね。写真界とえらい違いだ。 

 

さてみんな終電で帰ってしまいました。

私には終電がないので一宿一飯の借りができました。

 

 

家の主人が無限にゲームをやります。

最初は何をやってるのか見当もつきませんでしたが、遊戯王とかマジックザなんとかの類の、1対1対戦式カードゲームでした。相手はネット経由でマッチングされるリアルユーザーで、リアルタイム対戦です。

「背中に気を付けて」とか自キャラの姉ちゃんが喋り、開戦し、「これは勝ちました」「勝ちです」「相手は2ターン後には降参しますよ」とC-ormo氏が言うのですが、だいたい言った通りになりました。何がなんやらさっぱりわかりません。どうも相手との実力はいい勝負みたいで、最初の手札3枚の引きと、その後の引きの流れで勝敗が決まるようです。

 

私が仮眠から起きてきて、午前7時頃、C-ormo氏は「負けがこんでいます」とブツブツ言っていたので、徹夜だということが分かりました。恐ろしい世界でした。

 

彼の持ちキャラ;ヴァリーラ・サングイナー。

濃ゆい。巨乳。派手。

これのどこがスパイだ。目立つわ。

 

そういう忘年でした。ありがとうございました。みなさん良い2018年になりますように。帰宅しても疲れ果てて何も出来なかった。わあい。