写遊百珍

関西をメインに、美術館・アートイベント、登山、廃墟、珍スポットなど珍奇なものをご紹介。

【表大】H29.11/12_2016年度生 宴@守破離 / 堂島

【表大】H29.11/12_2016年度生 宴@守破離 / 堂島

 

表大2016年度生が堂島の蕎麦屋守破離に集合して、一般人にはわからん会話を延々繰り広げるということをしました。ぺんぺん草も生えない勢い。

 

 

レンズの訪問販売みたいなことになりました。醤油の小鉢とレンズがごっちゃになりました。店員さんが食べ物を置けなくて困惑気味だったのが印象に残る。料理がおいしかったです◎

 

 

楠さんがオールドレンズや自作レンズを開陳します。この重さが滅茶苦茶で、登山家の修行かなと思うぐらい理不尽に重いカバンでした。登山でもこんな重さ持ったことないかも。

 

どう見ても商店ですね。商いのレベルだ。

男子二人が「これはいいですね」「これはいい」と完全に分かってる系の会話ですが、私は実はオールドレンズを使ったことがありません。くはあ わからん。ボケが綺麗とか玉ボケがどうのというのは異国の話だと思っていましたが、さすがになんかほしくなりました。欲望がうずく。

 

 

 

 

きりねえさん。

麗しいけどメカもよくご存知であたまがあがりません。

 

 

焦点距離とマウントアダプターとマイクロフォーサーズの議論が続いていますが、体でしか学習できない私にはよくわかりまへん。細胞がなんとかしてくれます。脳が弱ってるとも言う。浮動小数点演算がphotoshop内で活発に行われていることを初めて知りました。浮動してるんですね。あええ。

 

 

大学時代も写真部に居た割に、メカの話が全く分からず、先輩らが機材いいね話で盛り上がってる時はだいたい静かにカルーアミルク等を舐めていました。さっぱりわかりません。体で教えてほしいもんでsu。

 

 

焦点距離マイクロフォーサーズの講義が続きます。

 

 

 

酒とかお冷やとか醤油が散乱している中を機材が飛び交います。変形した恋バナに近いものを感じます。

 

 

無限大にはピントが合わないというレンズ。使い方も特殊。

いいなあ。インスタグラマーが死に絶えた老後になったら年金で買って試してみようと思います。

 

 

鳳凰美田とかくどき上手を飲んでたらものすごく回って、意識がおかしくなって、これはだめかも知れないと思ったらその通りだめで、途中から途絶えました。血液型の議論などがあったそうです。18時半に開始したのに22時を回っていてびびりました。時が飛んだ。

 

日頃は色々気兼ねして堂々と撮りにくい堂島、北新地あたりですが、酔ってて、仲魔もいるし、もうおかしいので光をばんばん焚いていました。飛び跳ねてこけたら後頭部を打って要介護4ぐらいになりますので気を付けながら飛び跳ねます。

 

 

おねえさんがかばんをぶんぶん振り回して襲ってきます。わあい。

( ´ -`)ノ

 

 

日曜の晩には新地、堂島、地下街に人が全然いないことが分かりました。これは作品制作の上でものすごいアドバンテージ。店が開いているときにカメラ持ってると色々とあり、なかなか新地方面は難しかったのですが、ごっつあんです。

 

 

おさちゃんが愛猫に全力で当たられているらしく生傷だらけです。ソフトDVでした。家族っていいですね(遠い目)。

 

 

( ´ -`) みなさんありがとうございました◎

 

 

完。