読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写遊百珍

関西をメインに、美術館・アートイベント、登山、廃墟、珍スポットなど珍奇なものをご紹介。

【酒】「I LOVE SAKE 日本酒マニアック博」@梅田LOFT(後編)

ART(大阪) 酒:京阪神

1/11(月) 閉会間近のイベント「I LOVE SAKE 日本酒マニアック博」@梅田ロフトへ行ってみた(後編)。

 

いやね奥さん、これ面白かったのよ。 

やあねぇ~

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233758j:plain

sakeってつまり獺祭ワンカップ大関なんでしょと思っておられる方には、ぜひこのようなマニアックな沼に触れていただきたい。

 

mareosiev.hatenablog.com

 

 

何がマニアックかって、「前編」で紹介したとおり

異様にマニアックな日本酒が山ほど並んでいた。あ う あうするよ。

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233803j:plain

西酒造「三諸杉(みむろすぎ)水もと 純米 酵母無添加 無濾過生原酒」

350年前から酒を作っている。

酒の醸し方は平安~室町時代の「菩提もと造り」。

「仕込中は強烈な臭気を放つ」どうやったらそんなことに…。

 

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233802j:plain

瑞鷹(ずいよう)「本伝 東肥赤酒(とうひあかざけ)」

年末にTVで吉本の芸人が紹介していたと思う。「実家の熊本から送ってくるが、あまりのクセのある風味に誰も飲まない。しかし鍋に入れるとめちゃくちゃ美味い」という。

 

確かに公式HPでも、用途はお神酒やお屠蘇など慶事用か、みりんに代わる調味料としての活用が謳われている。ぜひこれで鍋パをしたい。

  

そして【構成④】チャリティー企画:

 喜久盛酒造 × クリエイターコラボワンカップ展示&販売

  

f:id:MAREOSIEV:20160113233718j:plain

喜久盛酒造(きくざかり)は2011年の東日本大震災被災、半壊。

酒蔵は長い歴史の中で増改築を繰り返してきたことから、構造が複雑すぎて部分的な修繕ができず、また、行政からの補助金も対象は沿岸部のみで、内陸の被災者には下りなかったため、自力での解体・再建を余儀なくされた。そこで、近隣で廃業を決めた酒蔵を借り、再起への道を歩むことに。

 

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233745j:plain

たくさんのレアなワンカップ柄が集っていますよ。 

 

喜久盛さんのお酒は「タクシードライバー」

えっ。

f:id:MAREOSIEV:20160113233715j:plain

 見たことのない世界観の酒である。飲んでみたいが売り切れ。

 

/(^o^)\ おもろそうなやつはだいたい売り切れ

 

/(^o^)\ 発狂すんぞ

 

公式HPを覗くと、酒瓶のみならず蔵元さんも非常ににユニークでパワフルな方であることがわかる。

 

 ここから先、様々な魅惑的な品が登場し、その場で買えるのだが、

良いものはほとんど売り切れであった。無念。無念すぎて腸がはみでる。

 

 

ではワンカップのコラボ作品を列挙する。

ワンカップ=おっちゃんが昼間から飲んでるアレ というイメージはもう古い。

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233717j:plain

 水墨画家・土屋秋恆(つちや しゅうこう)氏「LOVE SAKE」

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233721j:plain

 アーティスト・KAMI氏「KAMI 2016.」

コック? さる?

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233720j:plain

イラストレーター/モデル・水野しず氏「未」

『酒がのめる のめるぞ』と蛸がほんやらつぶやいている。柔らかい狂気が好ましい。 

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233723j:plain

 イラストレーター・O'shige氏「RADIO DJ」

古き良き時代のラジオDJ感、これはジャケ買いアリです。

売り切れてた。残念。 

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233729j:plain

  f:id:MAREOSIEV:20160113233730j:plain

イラストレーター・conix氏「松竹梅」 

この人の絵はシンプルなのに力がある。かわいいは最強。

 

ほしかったんだけどなー うりきれだよー。

 

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233731j:plain

 イラストレーター・ニシワキタダシ氏

「おつまみばかりたべるおじさん」

激しくヤバい。宇宙を感じる。『いろんなおつまみを食べているおじさんを描いてみました』、この一言に深淵なものを感じます。やっぱり売り切れ。くくくくやしい。

   

f:id:MAREOSIEV:20160113233725j:plain

 切り絵作家・早川鉄兵氏「subaco」

『カップ酒を囲む暖かい家庭のイメージを巣箱と小鳥で表現』

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233728j:plain

 グラフィックアーティスト・伊藤桂司氏「SAKE PSYCHEDELIC!」

 『Heavenly Picnic』\(^o^)/

  

f:id:MAREOSIEV:20160113233726j:plain

 アーティスト/イラストレーター・今井トゥーンズ

「YAMATA-NO-OROCHI with SAKE」

 本展示で最もかっこよかった。勾玉をちらしたメデューサ状の八岐大蛇。

  

f:id:MAREOSIEV:20160113233737j:plain

 写真家・かくた みほ氏「ブズリ」

岩手→宮沢賢治ラトビアモビール と連想のジャンプからこの作品に。

ワンカップと白黒写真は合いますね。 

  

f:id:MAREOSIEV:20160113233733j:plain

切り絵アーティスト・福井利佐氏 「吉兆のツバメ」

ツバメは福をもたらす益鳥と古くから信じられてきたとのこと。

 

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233734j:plain

 f:id:MAREOSIEV:20160113233735j:plain

ヘタウマ先生・テリー・ジョンスン氏「DISCO でGO!GO!」

きわめてたのしそう。踊りの場、盛りの場で日本酒を飲むという発想がそういえばなかった。

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233736j:plain

ヘタウマ生徒・ユムラ タラ氏「TARA GIRL SAKE」

イラストレーター湯村タラ氏。前述のテリージョンスン氏の妻君らしい。

 タラガールという女性キャラが持ち味。

  

f:id:MAREOSIEV:20160113233738j:plain

 漫画家/イラストレーター・五月女ケイ子氏「祝い酒」

いつでもこの人の線は、ハレの陽気を濃厚に湛えているなあ。私の友人がよく五月女ケイ子のLINEスタンプを活用するのでおなじみの絵柄。お神酒にぴったり。 

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233739j:plain

イラストレーター・安齋肇氏「新春モンキーダンス」

空耳アワーで遅刻してタモリに怒られる人、という印象が強すぎる。リゾッチャの「太平洋ちゃん」が有名。

  

f:id:MAREOSIEV:20160113233741j:plain

 タイポ組合員・大日本タイポ組合「日本の中心で酔いを酒ぶ」

「酒」がどろどろに酔っているの。 

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233744j:plain

 現代浮世絵師・ツバキアンナ氏「Dragon with lucky clouds」 

流麗な黒龍。

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233740j:plain

アーティスト・KYOTARO氏「おっととと」 

髪髪髪髪顔髪髪髪髪髪髪

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233742j:plain

ビジュアルアーティスト・ミック・イタヤ氏 「ほしのさかづき」

  

f:id:MAREOSIEV:20160113233743j:plain

 コスチュームアーティスト・ひびのこづえ氏「米米米」

 

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233746j:plain

 嫌われない程度に愛されたい女流美術家・愛☆まどんな氏「清き一杯を!」

 『ひとり酒を寂しくさせないためのカップ酒を目指しました』おっと腿とかがエロい。

 

 f:id:MAREOSIEV:20160113233751j:plain

 漫画家・青木俊直(あおきとしなお)氏

  「マイちゃんコージィちゃんスイちゃん」

酒の原料である米・麹・水をイメージ。かわいいい。

  

f:id:MAREOSIEV:20160113233750j:plain

 イラストレーター・Toru Fukuda氏「Happy SAKE Peoples」

奇妙な世界の住人たち。

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233749j:plain

 イラストレーター・黒田潔氏「penguin」

  

f:id:MAREOSIEV:20160113233753j:plain

 イラストレーター・多田玲子氏「きのこの森でお酒を呑んだ」

  『おいしいお酒は静かなのにリズミカルですよね』と本質を突きまくった一言にしびれる。相当お好きですね。

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233748j:plain

 ピンストライパー・KEN THE FLATTOP氏「Gold Fish」

  f:id:MAREOSIEV:20160113233722j:plain

 デザイナー・Saki Murakami氏「kikuzakari × sakirhythm」

怖さと可愛さが混じったダークファンタジーを描く。かわいいとおもいます。

 

 f:id:MAREOSIEV:20160113233719j:plain

アートディレクター・THE ME氏「MADE OF LOVE」

ささやかな躍動感と即興ジャズのような絡み、もつれ。

 

結局1時間ぐらいは真剣に観ていたが、到底記憶などできるわけもなく、撮影フリーで本当に良かったと思いました。人類は外部記憶媒体に主記憶タスクを譲ってしまったのです。呑みたいなあと思いましたが売切続出でどうにもならぬ。

 

f:id:MAREOSIEV:20160113233756j:plain

f:id:MAREOSIEV:20160113233757j:plain

最終の物販コーナーでは、ニシワキタダシ氏の「おつまみばかりたべるおじさん」が乱舞。ニコニコしているやつはたいがいヤバいというのが私の経験則だが、このおじさんのヤバさは深淵を極めている。好ましい。

 

よい作品とよい酒の存在を知ることができて有意義でした。

 ( ^-^)酒