読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写遊百珍

関西をメインに、美術館・アートイベント、登山、廃墟、珍スポットなど珍奇なものをご紹介。

【ART】PARASOPHIA@堀川団地(後編)笹本晃、ピピロッティの宇宙

堀川団地の一角に宇宙あり

 

<前編>

 

団地だと思って足を踏み入れるとそこは宇宙であった。

 

笹本 晃(ササモト アキ)《ラストコール、誤りハッピーアワー》

 

f:id:MAREOSIEV:20150328225626j:plain

作家自身によるパフォーマンスを収めた映像作品となっているが、映像の域を超えており、即興演技とも「インスタレーション」ともつかぬ緊張感溢れたものとなっている。写真のように、キャスター付きのゴミ箱に身を投じ、部屋中をガラーッガラーッと駆け出したり、おもむろに予期せぬ展開が来るため、見るものに滑稽さと戦慄をもたらす。

「彼女は何者?」

 

f:id:MAREOSIEV:20150328225624j:plain

会場には彼女が暴れ回った痕が生き生きと残る。

パンフレットの解説によれば

『空間を彫刻的に分節し、その環境の中で自らの身体によるダンス、言葉、モノを用いて即興的なパフォーマンスを行う作品を数多く発表している。日常的な出来事や行為から着想された即興的な展開に見える彼女の作品は、実は緻密に構成されたもので、インスタレーションの静的空間と動的パフォーマンスとが複雑に交差する迷宮的物語世界となっている。』

と、全く意味が解らないがだいたい合っている。

 

 

f:id:MAREOSIEV:20150328225625j:plain

扇風機に紙をバサバサ飛ばされながら、顔で紙を押さえ、何かを読み上げる。単発的に発せられるフレーズはすべて英語。

 

f:id:MAREOSIEV:20150429221341j:plain

 

そしておもむろにメガネを選び、鏡に向かって装着したと思うと、メガネにコーヒーを注入する。

 

f:id:MAREOSIEV:20150429221338j:plain

意図は全く解らないが、画の破壊力がすごい。

 

コーヒーで視界を奪われてからの彼女は実に饒舌である。私は英語を介さないので意味は解らないが感情に突き動かされて歩き回り、何かをひたすら訴える。

 

f:id:MAREOSIEV:20150429221339j:plain

「日常」というものは私たちが普段「これはだいたいこうだよね」と共通して理解し、共有している手続きの連続から成り立っている。叫びや踊りや形の定まらない動作はそのプロトコルの記述を超える。しかし力任せにそれらを行使するとただの暴力、破壊に終わる。「日常」を形作る物理的な空間の中で、ある手順に則りながら徐々に、しかし緩急をつけて、プロトコルを解体してゆくとどうなるのか。

 

 

f:id:MAREOSIEV:20150429221340j:plain

彼女の企てはよく手順を踏まえた装置的なものであって、一つ一つの挙動は意味不明なことになっているのだが思わず「その先を見たい」と思ってしまう。

そして壁の向こうにパタンと消えたかと思うと、壁ごと部屋を押し潰しにかかってくる。ブルドーザーのように日常を崩してゆく 

 

 

f:id:MAREOSIEV:20150328225620j:plain

しかし公式本によると、笹本氏のテーマは「ロマンス」である。

/(^o^)\ むちゃ言うな。

余計に分からなくなった。私はロマンスという概念について考えたことがなかったので、ここから先は解釈不能。ロマンスと、空き瓶なぎ倒し、コーヒーメガネ…ロマンスとは何だろう。ロマンスカーは分かる。流線型のアイツ。江の島のあ(略)

 

f:id:MAREOSIEV:20150328225623j:plain

 「ロマンス」で検索すると主な意味としては以下の2点が出てくる。

1.

男女間の愛情に関する話、または事件。
 
2.現実にはめったにないような(冒険的な)物語。伝奇小説。

  

 

「非日常」に近いかなと思ったがそのような客観的なものではない、もっと主観に寄ったもののようだ。片思いに近いような。 

 

f:id:MAREOSIEV:20150429221336j:plain

コーヒーぶっかけてやがる。

液体を誰か/何かにぶっかけるとロマンス値が上がる。

 

f:id:MAREOSIEV:20150429221337j:plain

 笹本晃でした。

こういう人が職場にいたらいいな ( ゚ε゚ )いません。

 

 そして別棟では打って変わって、深き幻想の床の間。

 

ピピロッティ・リスト《進化的トレーニング(堀川―不安は消滅する)》

 

f:id:MAREOSIEV:20150328225618j:plain

原初の記憶を呼び覚ます、陶酔、極彩、浮遊の映像が続く。酒と投入させてくれれば最高の幻夢体験となるだろう。

んnんん。あああああ

あああんnんnnん  あんんんんnnnnあ

あああ/(^o^)\ああああ

 

f:id:MAREOSIEV:20150328225613j:plain

自然の色彩が続き、時折、人間の形へと回収され、胎児のようになったり、体のパーツが現れたりする。

見る者の精神を原初に回帰させる。

 

f:id:MAREOSIEV:20150328225617j:plain

(  ー_ー)(  ー_ー)(  ー_ー)

 

そして隣の寝室にもう一つの宇宙。

 

ピピロッティ・リスト《巨大な西洋梨の記録》

f:id:MAREOSIEV:20150429221344j:plain

お布団がキラキラと輝き、宇宙がすぐそこにあります。

 

f:id:MAREOSIEV:20150429221345j:plain

 スーツ姿のリーマンが浮遊、回転しながら迫ってくる。

これは大変だ。

  

f:id:MAREOSIEV:20150328225616j:plain

女子も布団宇宙の彼方よりぐるぐる回ってやってくる。

冴えない4畳ほどの小さな和室、しみったれた白い昭和布団が

この変貌。

なんというエロスだろうか。この闇の中で妻を抱きたい。

(※妻いません( ゚q ゚ )

 

 

f:id:MAREOSIEV:20150328225615j:plain

 堀川団地を宇宙に接続し直した、きっと半世紀の間だれも成し得なかったことだと思う、それがアーティストというものの恐ろしき実力なのだと知った。

 

 

f:id:MAREOSIEV:20150328225619j:plain

 眩暈がします。

Yeh. クラクラ( ゚ p゚ )

幻夢とともにありたいものです。