写遊百珍

関西をメインに、美術館・アートイベント、登山、廃墟、珍スポットなど珍奇なものをご紹介。

【廃墟】滋賀県廃村ツアー(5)【廃墟】琵琶湖タワー跡地「イーゴス108」(後編)

イーゴス108」後編


1992年に「世界最大」で鳴り物入りした巨大観覧車「イーゴス108」。高さ108mの威容を以ってして、近畿圏民にその姿を見せつけたものの、約2年後に天保山に君臨した新たな「世界最大」の前にその存在はかすれ、2001年8月末に閉園の憂き目に遭ってしまった。しかし、前・管理会社の社長は諦めてはいない!巨大獣イーゴスの運命やいかに!?


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○前回:
(1)【廃村】入谷集落・落合集落
  http://mareosiev.hatenablog.com/entry/20101229/1345271070

(2)【廃村】男鬼集落
  http://mareosiev.hatenablog.com/entry/20101230/1345271131

(3)美富士食堂
  http://mareosiev.hatenablog.com/entry/20101231/1326105260

(4)琵琶湖タワー跡地「イーゴス108」前編
  ★Link http://d.hatena.ne.jp/MAREOSIEV/20110101

――――――――――――――――――――――――――――――――――――


粛々と中を拝見…。




http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155231.jpg
何だこの池は。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155237.jpg
なんか色々沈んでますけど…。


2人乗りぐらいの丸いボートに乗ってぐるぐる運転できるアレですかね。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155403.jpg
そう、これこれ。
全国の池持ち遊園にはこの手のボートが大量に繁殖していましたね。
けしからん色(たいがい緑)の池に落ちるのが怖くて、乗ったことがないですが。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155415.jpg
ボート陸で放置(´3`)


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155438.jpg
けっこう広範囲で放置(`へ´)ノ


固めてまとめとけよ!
やけくそになったんかな、


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230160526.jpg
各ボートのスイッチ発見。
結局はこれで動作制御してたのか。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230160533.jpg
沈殿しまくっとる。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230160538.jpg
身投げの後みたいな。
悲惨やな。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230160556.jpg
琵琶湖タワーに対しては、色々と思い入れがあるようであまり無いので、
それなりに思いを込めて撮ってみました。




塔がぶっ飛んどるがな。
荒い…


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155551.jpg
子供がお世話になるアレです。
放置、荒い。
線路さえちゃんと敷けば動くのかな。っていまどきの幼児はこういうのに乗りたがるのか?


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155610.jpg
あっ線路の断片みっけ!

他の車体も!


このへんの物品かき集めてメンテしたら、手作りワンダーランドが出来そうだな。
そこいらの活きのいい大学生、院生をかき集めてきて、近畿随一の珍スポットにしてみせい!と半年ぐらいかければ。



大人の方は乗れませんデゴイチ


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155633.jpg
ドの付くマイナーな乗り物ヽ(´□` )ノ


これは喜ばれそうにない。ハズレ要素。



地上からはボウヤが見上げていました。



変な色を塗られてしまっているが、こいつまだまだ走れそうな気がする。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155558.jpg
イーゴス乗り口まで来ました。
看板を見て思い出したが、元々、琵琶湖タワー施設は「何でもあり」で、
展望塔、遊園地、アトラクション、宴会場、結婚式場など、マルチなサービスを誇っていました。


ここで結婚式か、、、なんかイメージが違うけれど、当時はそれなりに新しかった?
60年代なら新しいか。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155653.jpg
無骨な鉄の構造がグッときます。
廃墟の美は錆、鉄にあり。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155750.jpg
ゴンドラ。


これは美しい。
思った以上に、さびれていなかった。
前出の京都新聞の記事にある通り、社長さんが定期メンテナンスしているせいだろうか、
10年間放置されてきたとは思えないような「生々しさ」みたいなものがあった。


このスロープ近辺は、ゴンドラが動かせるように、片付けられていたのだ。



いい。
幼少期にこのフォルムにあこがれた。
「なんて無駄のない・・・無さすぎる乗り物なんだろう!」車輪やハンドルも表示板も何もかも無いもんね。


ドアと窓と、下の通気孔ぐらいという。
もっと丸くして、色を白にしたら、サイヤ人の脱出ポッドになりますな。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155917.jpg
ぬうん。


窓が割れているが損害は軽微のようす。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155927.jpg
(>_・)ノ コンコン


こんにちは。


丸い。。


ランプ類。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230155355.jpg
ゴンドラの形が近未来だなあと思ってた時期がありました。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230160501.jpg
実際、なんだか憂き世の乗り物とは思えない珍奇さがあります。
娯楽用にしてはまだまだエンターテイメントに徹し切れておらず、業務用にしては浮かれすぎている。
好きだ。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230160640.jpg
( >_<) カッコイイ


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230160724.jpg
(*゜ー゜) どこの廃工場か!!ていう気合の入った老朽ぶり。
神がかった錆です。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230160742.jpg
ギラギラとあやしく存在感を見せつけてくる。たまんねえなおい。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230160919.jpg
見ている分にはただ美しいだけだが、片付ける方にとっては、巨億のカネを食う難儀な代物。
世界最大なんて作ってしまったから、金の無い時に片付けるのは至難です。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230161054.jpg
雄姿。忘れはせぬ。



http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230161315.jpg
人々の夢や何やら、恋心や下心を乗せて、滋賀の天高くをぐるぐるしたのでございます。
結ばれた人たちや未遂に終わった人たちの思いを
感じませんけどとにかく私はこのフォルムと色彩が気に入ったので
ございます。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20101230/20101230161432.jpg
オシマイ。




ガターン。




( /・o ・)END