写遊百珍

関西をメインに、美術館・アートイベント、登山、廃墟、珍スポットなど珍奇なものをご紹介。

【都市】梅田スカイビル

2010.7.31
友人の会社の傍へ遊びに来たついでに、待ち時間の間、スカイビルを撮りました。


こちらも参考に。
ウメポタ(スカイビルについて)
http://www.skybldg.co.jp/


地上40階建て173mの連結超高層ビル、二本の巨大なビルが柱、巨人の足のように聳え立ち、上空で連結されて空中庭園として景色を楽しめるようになっている。
高さ、近未来的なデザインともに個性的で、特に下から連結部の円形を見上げたときには「あ、京都駅ビルっぽい」と感じる。骨組みの構造、透明感のあるや空気の吹き抜ける構造



http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731151652.jpg
スカイビルの写真といえば、これ。
100人中90人はこうする、というか、こうなる。
これ以上は、むり(/・o・)


ほぼ確実にアオリ構図になるのでは。
遠景から狙おうと思うと、まず地表からは他のビルで見えないので、JR大阪駅側の高層ビルにでも入って窓から撮りますか。


http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731144958.jpg
二本の橋の存在意義が分からんが、無意味にかっこいい。
好きです。

「この空中庭園は地上で組み立ててからワイヤーロープでつり上げる「リフトアップ工法」で施工された」(wiki)とあり、尋常ならざる方法で引き上げられたらしい。天上の楽園を造園するのも大変である。



http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731151930.jpg
タワーイースト1Fよりガラス面反射を。
鏡の世界で分断・解体し、細切れになった要素を増殖させる手法。もっと試したいです。



http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731151737.jpg
タワーイースト1F。
謎の番号。特に番地や棟、地名などには関連がなさそう。スカイビルの高さ173mに由来すると考えるのが自然か。
唐突に現れる数値には強く惹かれます。
数値がいっぱい散乱していたらいいなあ。元素記号とかもいいよなあ。



http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731151024.jpg
タワーイーストを外側から。
曇天が張っていて太陽は双極に分かたれました。
それでもなお凶悪と言うべき蒸し暑さで、夏の恐ろしさを見せつけた。


暑かった。



http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731150936.jpg
街路樹から太陽を。
暑かった。
むんむんした。
空が濁っていて、べろっと舐めるように熱を運んできた。



http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731150903.jpg
確か、タワーイースト外観。
格子状図形の連続は大好物で、撮らざるを得ません。



http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731150701.jpg
同敷地内、別のビルだが、まるで黄昏足場である。もしくは、公衆飛び降り自殺足場か。
孤高の空間と化しており、ここに立つサラリーマンにはどんな風が吹くのだろうかと想像させられる。



http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731145958.jpg
タワーイースト前のビル。
何を考えたのか分からぬが極端に凹凸が激しい。エロスである。
反射がしっかりしていて頼もしい。
東京ではこうした強力なガラスのリフレクションが街に溢れているのだが、大阪にはあまりなく、都市の性格を異なったものにしているように思われる。


http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731144936.jpg
うにょ。
スカイビル直下の柱。
ブツをそのまま撮っても仕方がないという諦念と絶望そして暑さの疲労でこのざまでございます。



天候がもっと突き抜けた晴天ならば、空の青を極彩色に変えてビルを素撮りするのですが。
空が使えないのでこうなりましたとさ。
へえ。


新梅田シティ」周囲には「ランドスケープ」ということで直径70mという広さに約50種2,100本の樹木が並ぶ小さな公園のようなスポットもあるのですが、どう撮っていいか分からないのでカット。


タワーウエストと並んで建つウェスティンホテルで幾つか撮ります。


静かなでした。柱の影だけが伸びていた。


http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/M/MAREOSIEV/20100731/20100731144536.jpg
私の好きなやり方ですがリフレクション。
ここのマネキンがちょっと目鼻立ちのきついB.Bっぽくて美人でした。もう生身の人間いらんのちゃうっていう。
恥ずかしくて撮れませんでした。キャ。



これもウェスティンホテル
この色合いを狙ってます。
エメラルドグリーン調の。いつだってここに行き着こうとしているフシがあります。




というわけで梅田スカイビル周辺でした。
一人では入る機会もないけれどもそのうち有料展望台に上ろうと思います。
ウボァー