写遊百珍

大阪国際メディア図書館「写真表現大学」ゼミ生&TA。各種講座のレポや、関西・東京の写真展、アート展示を特集。

【映画】「アンドレイ・ルブリョフ」(1971)監督:アンドレイ・タルコフスキー

【映画】「アンドレイ・ルブリョフ」(1971)監督:アンドレイ・タルコフスキー

面白いか、と訊かれれば、面白かった。しかし「じゃあどこが」と問われれば、答に窮する。神の存在と侵略や権力の不穏さが、濃霧のように立ち込める、1400年代初頭の世界。一人のイコン画家の波乱と自戒、そして再生を見ました。

 

 

何か、深い森に数時間ずっと独りで佇んで、帰ってきたような、祈りに似た感覚がありました。

続きを読む

【ART】「小磯良平と吉原治良」展@兵庫県立美術館

【ART】「小磯良平吉原治良」展@兵庫県立美術館

尖った企画だ。展示タイトルが二人の作家名だけという、限られた客層に照準を定めている。このタイトルだけでピンとくる人はけっこうな美術ファンです。

 

最近よく新聞やWebでこの展示について触れられていたので、これは何かあるなと思い、観に行きました。 具体ではなく吉原治良という扱いなのが、何やら面白そうだ。

結論としては、美術に関心がある人、特に美術史を学んでいる人には、20世紀という時代のうねりの中で、二人の日本人作家がどのような模索を重ねたかがよく分かり、面白いです。

続きを読む

【写真表現大学】H30.4/8(日)写真集の読み方「東松照明の『さくら 桜 サクラ』を読む」 

【写真表現大学】H30.4/8(日)写真集の読み方「東松照明の『さくら 桜 サクラ』を読む」 

 

桜が咲いたと思ったら、暑すぎたのか、あっという間に散って葉っぱになってしまいました。皆さん桜は撮りましたか?

桜と言えばこちら

 

 

東松照明という戦後日本を代表する写真家が、1990年に、写真集「さくら 桜 サクラ」を世に送り出しました。この講義では、東松照明という作家の功績と意義を振り返り、この写真集を読み解くものです。

(講師:畑祥雄館長)

続きを読む

【diary】H30.4/5(木)DAS(総合デザイナー協会)「美しい都市の景色を考える会」展示説明会~宴

【diary】H30.4/5(木)DAS(総合デザイナー協会)「美しい都市の景色を考える会」展示説明会~宴

 

DASの展示説明会に出席しました。

 H30.6/11(月)~15(金)の5日間、大阪市役所・1F玄関ホールにて、大阪の都市デザインに関する作品を展示するという企画です。

元・電通プロデューサーのムトーさんに誘っていただき、参加することにしました。

 

続きを読む

【ART―写真展】H30.4.1(日)市橋織江「TOWN」トークショー@入江泰吉記念奈良市写真美術館

【ART―写真展】H30.4.1(日)市橋織江「TOWN」トークショー入江泰吉記念奈良市写真美術館

 

 今をときめく写真家・市橋織江氏のトークショーに行きました。

美術館への道中は昭和のかおりがしまして、よい散歩です。

 

続きを読む

【写真表現大学・Eスクール】H30.3/25(日)2017年度 修了式

【写真表現大学・Eスクール】H30.3/25(日)2017年度 修了式

 

3/25(日)は、学校の修了式でした。春は合評、夏は合評、秋は合評、冬は合評、からの、3月の修了展、そして、早いもので、修了式です。

 

 「写真表現大学」及び「Eスクール」の講師の先生方から、「表現」との向き合い方などについてお話を受けた後、飲み食いをして、酒が回ったところで全員総スピーチ大会になりました。わあい。

 

続きを読む

【ART―写真展】齊藤いりす「2nd ホームタウン ~故郷じゃないのに愛しい町~」@高浜町文化会館

 【ART―写真展】齊藤いりす「2nd ホームタウン ~故郷じゃないのに愛しい町~」@高浜町文化会館

H30.3/24(土)

私の通っている写真表現大学の同窓生:齊藤いりすさんが、「第2の」地元、福井県高浜町で大規模な写真展を行っていたので、会期終了間際に駆け付けてきました。

 

この展示の特徴は、作家の私的な活動の枠を超えた企画であることです。いりすさんは生まれ育った都会:横浜から高浜町に移住し、2年間にわたって「地域おこし協力隊」として町の魅力をPRするミッションに従事してきました。その集大成としての展示でした。

 

続きを読む

【ART】「トラベラー まだ見ぬ地を踏むために」開館40周年記念展 @国立国際美術館(第一部)

【ART】「トラベラー まだ見ぬ地を踏むために」開館40周年記念展 @国立国際美術館(第一部)

 

 

H30.3/22(木)

 

ダンディなおっさんのフーフーが目印です。フーフーしてもらえるわけではないです。おっさんの目はなまめかしく、フー。魅力的ですが フー。要点はそこではないです。フー。

 

続きを読む

【diary】H30.3/21(水)家に着くまでが雨

【diary】H30.3/21(水)家に着くまでが雨

 

雨でした。雨で濡れています。濡れると光り、地面が光ると、今ここにあるものが星だったんだなと実感が湧きます。家に帰ることと星を歩くこととは同義だった。奇妙なレトリックですが事実なので受け入れることにしました。

 

 

 

星です。

続きを読む

【ART―写真展】2017年度 京都造形芸術大学(通信教育)卒業・修了制作展

【ART―写真展】2017年度 京都造形芸術大学(通信教育)卒業・修了制作展

 

H30.3/18(日)

昨年に引き続き、京都造形大に行ってきました。本体の方の展示は都合がつかず行けませんでしたが、通信のほうは写真仲間のみちえはんからお誘いを受けて、いそいそと。

  

( ´ - ` ) 叡山電鉄は風情があるなあ。 

 

続きを読む

【宴】H30.3/16_裏天満・ちょうちん通り @万古、BANCO

【宴】H30.3/16_裏天満・ちょうちん通り @万古、BANCO

 

大阪・天満駅の北側裏手には飲み屋街が、戦後のドヤ街のような雑多さで息づいており、その中でも「ちょうちん通り」と呼ばれる一角が面白そうなので行ってきた。

 

 

背後の高層マンションとの対比が不思議です。卵をはらに抱えたエビみたいに見えて少々気持ち悪い。

 

続きを読む

【写真表現大学】2017年度 修了制作展 作品レビュー(後編:人、コミュニティ)

【写真表現大学】2017年度 修了制作展 作品レビュー(後編:人、コミュニティ)

表大修了展レビュー後半は、人やコミュニティとの「つながり」 に眼を向けた作家の方々を特集します。

 

みんな誰かとつながっているんだ。つながりたいし

つながることからは逃げられないんだ。

 

続きを読む