写遊百珍

関西をメインに、美術館・アートイベント、登山、廃墟、珍スポットなど珍奇なものをご紹介。

【写真展】ビジュアルアーツ専門学校・大阪 写真学科 選抜作品展 「Visual Arts Showcase 2018」@THE GALLERY 大阪(ニコン)

【写真展】ビジュアルアーツ専門学校・大阪 写真学科 選抜作品展 「Visual Arts Showcase 2018」@THE GALLERY 大阪(ニコン

 

H30.2/19-20

仕事帰りにハービス13階のニコンプラザに寄る。ビジュアルアーツの写真展があるのだ。けっこう楽しみにしていた。

 

 

以下記録メモ。

撮影OKだったので撮らせていただいた。

続きを読む

【医療】市民公開講座「ブラック・ジャックは遠かった ~良医と悪医」久坂部 羊 先生@日本医療マネジメント学会

【医療】市民公開講座ブラック・ジャックは遠かった ~良医と悪医」久坂部 羊 先生 

@H30.2/18(日)日本医療マネジメント学会 第12回兵庫支部学術集会

 

色々とご縁があり、久坂部 羊(くさかべ よう)先生の講演を聴講しました。

 

医療の世界を舞台とした小説を書く作家ですが、元・バリバリの外科医・麻酔科医(阪大附属病院や旧・大阪府立成人病センター)としても活躍されていたため、「医療」の本質について鋭い指摘がありました。

 

地味に感動したので、心に残った点を簡単にメモします。

続きを読む

【科学】市民公開シンポジウム「生命を越えるもの 人工知能・ゲノム編集の衝撃」@グランフロント大阪

【科学】市民公開シンポジウム「生命を越えるもの 人工知能・ゲノム編集の衝撃」@グランフロント大阪

 

H30.2/12(月)13:30~17:00

 

これまで別個の技術話題として扱われてきたAI(人工知能)とゲノム編集という2大テーマの交錯するところをAI開発者、ゲノム編集者、ゲノム情報解析者、科学技術社会論者の4名が講演&来場者の質問に答えるという会。

 

 

 

このイラストとタイトルに惹かれてフラフラと聴講。これだけだと近未来はキメラの巣窟になるのかなとドキドキしますが、実際の話題はもっとずっと地に足のついたもので、別にヤマタノオロチヘカトンケイルの世界ではなかった。

続きを読む

【写真表現大学】H30.2/4(日)作品レビュー(講師:飯沢耕太郎 先生)

【写真表現大学】H30.2/4(日)作品レビュー(講師:飯沢耕太郎 先生)

 

例えば写真表現大学やビジュアルアーツ専門学校が、写真評論家・飯沢耕太郎氏を定期的に招聘するのは、コンテンポラリーな写真界の状況についてレクをお願いするだけが目的ではございません。

泣く子も黙る「作品・ポートフォリオレビュー」です。

 

数多くのポートフォリオレビューやコンペの審査員を務められているプロ批評家の眼は、作品のどこに向けられているのでしょうか??

 

続きを読む

【写真表現大学】H30.2/4(日)特別公開講座「現代日本写真をキーワードで読む」(講師:飯沢耕太郎 先生)

【写真表現大学】特別公開講座「現代日本写真をキーワードで読む」(講師:飯沢耕太郎 先生)

 

H30.2/4(日)

写真表現大学では前身のIMI時代から、年1回、写真評論家・飯沢耕太郎氏を招聘して、特別講座&作品レビューを行ってもらうという伝統があります。

 

 

まずは、現在の日本写真界の動向とそのキーワードから、レクの記録をあれします。

 

続きを読む

【diary】H30.1/27(土)宴 ~New山仲間~ @梅田_ツリーハウスダイナー

【diary】H30.1/27(土)宴 ~New山仲間~ @梅田_ツリーハウスダイナー

 

新たな仲間が増えそうな会があるので行きます。

 

 

 

続きを読む

【diary】H30.1/26(金)宴 @大阪福島の焼き鳥屋「一十(いちじゅう)」

【diary】H30.1/26(金)宴 @大阪福島の焼き鳥屋「一十(いちじゅう)」

 

( ´ - ` ) 寒いですね。寒波が列島を撫でている中、福島に飲みにいきました。

 

 

この日は現場に導入された最新のマシンお披露目会で、広報用に使う写真の撮影を予定していましたが、なかなか厳しいオペになっているらしく延期になりましたとさ。どうか無事に終わってますように。そういうわけで気持ちは昂っているが行き場を失ったので仲間が飲んでるところに行きます。けちなので梅田から歩きます。

 

続きを読む

H30.1/22(月)個人史を刻むように ~歯を削る、埋める、繰り返す~

H30.1/22(月)個人史を刻むように ~歯を削る、埋める、繰り返す~

 

歯を削っています。

大学病院に行きました。

 

 

削った歯の痕を埋めていきます。

それらの繰り返し。

 

私は医師ではないので、「歯を削ってもらった」「埋めてもらった」というのが正しい日本語ですが、歯は自分の体の一部でありながら、爪の先や髪の毛のように、からだの外部に突き出た「他物」のような存在でもあり、いまいち立ち位置が分かりかねます。

 

一方で、多くの人にとって、歯は個人史であります。幼少期から治療や外傷の歴史を刻んできた証人であり、いつどの歯をどのように傷め、どんな治療をして、結果どんな形状になったか、エピソードが凝縮されていると思います。そしてまた、新たな治療によって、個人史の1ページが追加されました。全然うれしくない。

 

続きを読む

【ART―写真展】愛される坂口安吾! >対談:野村佐紀子×町口覚(写真展「Ango」関連イベント)@ gallery176

【ART―写真展】愛される坂口安吾! >対談:野村佐紀子×町口覚(写真展「Ango」関連イベント)@ gallery176

 

H30.1/20(土)

もう平成も終わろうとしているのに、安吾が愛されている。半端なく。写真集のフォルムがねじれるぐらい、愛されている。

 

ひねくれているのだ。全部安吾のせいだ。

 

そんな無頼の作家に愛を寄せて映像を綴る写真家も、その世界をねじれで具現化してみせるデザイナーもまた、手ごわい。だから書かずに記憶の土に還そうかなと思っていたが、どうも脳裏で、あの丸眼鏡のぎょろ目を向いて筆を握る、林忠彦の撮った安吾が、オイコラと言ってくる。書かざるを得ない。

続きを読む

【写真表現大学】H30.1/20(土)_「写真集出版講座」(講師:中島厚秀 先生)

【写真表現大学】H30.1/20(土)_「写真集出版講座」(講師:中島厚秀 先生)

 

( ´ - ` ) 皆さん写真集を出したいですか。

 

 

( ´ - ` ) 出したいですよね。

 

 

この日は、中島厚秀先生の特別レク「写真集出版講座」を聴講しました。

いいだろー。3コマ連続(※計6時間)です。

いいだろー。

中島先生、現在は熊本県の崇城(そうじょう)大学で総合教育センター准教授としてお勤めですが、元・光琳出版社にて編集者として写真集制作を手掛けておられた、歴戦の強者であります。

  

続きを読む

【写真表現大学】H30.1/14(日)授業「作品制作」~ここからが本当の作品制作~

【写真表現大学】H30.1/14(日)授業「作品制作」~ここからが本当の作品制作~

 

あけましておめでとうございました。なんと1月も半ばです。年末年始がまだのような気分でいたのですがなんと1月も半ばです。くわあ。これはまずい。飲みすぎてるわけではない。地球の公転が早いんだ。しめ飾りって生物的で怖くないですか? 新年で浮かれてゐます。

 

 

さて写真表現大学ですが、年明け1発目の授業(※作家クラスは2発目)でした。が、修了展に向けてのっけからフルスロットルで、ここからが本当の作品制作でした。

 

修了展は、3/6(火)~3/11(日)

京都三条「同時代ギャラリー」で開催しますので、ぜひ来てください◎

 

www.dohjidai.com

 

続きを読む

【diary】H30.1/13(土)表大仲間で新年会 @福島 スペイン料理の店

【diary】H30.1/13(土)表大仲間で新年会 @福島 スペイン料理の店

 

米国が「炎と怒り」でバノン氏あたりを中心に熱くなっているのと逆に、列島は最長最強の低気圧に覆われ、あまりに寒くて絶望的でした。拙宅は冬になると屋外と同等かそれ以上に寒いので非常に困ります。困ってるだけで特に何もしませんが。魔法使いを雇いたい。メラミ。

 

写真表現大学2016年度生が召集され、新年会が催されました。闇を蹴散らせ。

 

続きを読む